作者と読み手のレベルの違い

■文章の意図が伝わる量は読み手によって変わる

読者に良い情報を伝えたいと思う気持ちは非常に大事だと思います。
しかし表現方法によって読者が理解できる情報量は大きく変わります。
あなたの情報を理解してもらうためには、ブログ記事に使う言葉自体にも気を付ける必要があります。

記事を書く側(あなた)の知識や経験が増えていくと、どうしても業界用語や専門用語を普通に無意識に使うようになっていきます。

あなたのレベルからすると「当たり前の言葉」だったとしても読む側にとっては「???」かもしれません。
あなたにとっての「当たり前」は、もはや読み手にとっての「当たり前」とは乖離してしまっているかもしれません。
そのことを忘れないようにしてください。

読み手、特に初心者にとっては理解できない単語が2つ、3つあるだけで、もう読む気は失せてしまいます。
世の中の人は、あなたが思っているほど幅広い知識を持っているだけではありません。
難しい単語、専門用語などはウィキペディアなどで調べて、なにか別の言葉で置き換えることができないか調べてみましょう。
誰にでも通用するような、普段使っているような言葉に置き換える気持ちが必要となります。
目安としては小学校高学年の子供が読んでも理解できるような表現を使うのが望ましいです。

類語などを調べるには → Weblio辞書 https://thesaurus.weblio.jp/

知識を得て経験を積み、自分自身のレベルアップを図ることは重要ですが、それを読み手に押し付けないよう、常に意識して記事を書くようにしましょう。

=======================

■真の自由な生活を手に入れるには? 
元皿洗いの学生が ネットビジネスと出会い1億円を稼ぐまでの物語。 
自由な人生を手に入れる教科書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です