お金を生み出すこと

こんにちは。武藤です。

これまで「好きなこと」、「得意なこと」、「経験」を抽出して
自分の強みを見つけましょう!という部分について紹介させていただきました。

これであとはブログを書くだけで収入を得られます!

・・・

・・・

とはなりません。

あなたのブランドを作った時点では、残念ながらまだ絶対にお金になるとは限りません。 好きなことをお金に変えるノウハウが必要となります。

■自分が好きな事がお金がよく使われているジャンルか?

ブログのメインの収入は、広告収入となります。
その手段としてアフィリエイトをマッチングさせることがブログの収益になります。
当然、稼げる商材であれば多く収益を上げることができます。
クレジットカードや保険の申し込み、語学教材など報酬額が5,000円を超えるものもありますし、ダイエット、脱毛、美容、コンプレックス系は1,000円程度の報酬から10,000円を超えるものまであります。

とはいっても売れる商材にはライバルが多く存在し、強力なアフィリエイターががキーワードを取り合っています。
そんな市場に素人がいきなりチャレンジするのはかなり厳しいと言わざるをえません。
だからこそ、まずは得意な事、経験のある事をレビューしながら「あなたといえばコレ!」というブランドを作り、勝てる市場で勝負をする必要性があります。

報酬額が高いジャンルは、アフィリエイターに高額報酬を支払ってもお客さんが継続してお金を使ってくれるので利益が取れます。
だからこそ企業は広告を出稿しています。
なので好きなことでお金を稼ぐといっても選んだジャンルがそもそもユーザーたちが「お金を使わないジャンル」であれば、いくら努力をしてもお金は稼げません。

あなたの好きな事や得意な事が、「儲かる側」に入るのか、入らないのか。そこを見極めれば、あなたのブログに必要な記事が自然と浮かび上がってくるはずです。

ここでけっこう悩む人たちもいるかと思いますが大丈夫です。
日本にはほんとに数多くのアフィリエイト商材が存在しているので、よほど失敗しなければ月に5万円~20万円を稼ぐのは難しくありません。

好きな事をブログに書くとして、稼げるアフィリエイト商材が存在するかも重要です。
例えばゴルフやヨガなどはお金が発生しやすい趣味といえるでしょう。
月10万円を稼ぐこともそれほど難しくはないでしょう。

■「お金が発生しやすい趣味」かどうかの判断基準

「お金が発生しやすい趣味」かどうかの判断基準の1つとして、
関連企業がどれだけネット広告に予算を使っているのかという点。
調べる方法ですがグーグルキーワードプランナー(無料)というツールを使えば、
キーワードごとの予算規模をある程度調べることが可能です。

※無料でGoogleキーワードプランナーを使う方法
https://www.marie-web.design/blog/google-keyword-planner/

例えば「ゴルフ」に関連するキーワードは、検索ボリューム1000~10万、入札単価は300円を超えるものもあります。
方や「ウィンドサーフィン」と入力すると検索ボリュームが100~1000、入札単価は100円以下がほとんどだったとします。

この2つを比較すると「ウィンドサーフィン」関連のキーワードを検索する人は、「ゴルフ」に比べて数が少なく、なおかつ企業が購入するキーワード広告の単価も低いということです。

ブログで検索エンジンの上位に表示ができたとしても、「ウィンドサーフィン」と「ゴルフ」を比べると圧倒的にゴルフのほうが稼ぎやすいと予測ができます。
好きな事だからといって単価が低いジャンルを選んでしまうと、ブログで収益を稼ぐのが難しくなっていきます。

仮に「あなたといえばウィンドサーフィン!」というブランドをつくっても、月10万円を稼ぐことは可能です。
しかしユーザーの消費金額も低く、アフィリエイト商材も少なく報酬単価も低い市場なので、ウィンドサーフィンで月10万円を稼ぐためには、報酬料率の低い商材を沢山売るしかありません。

儲かるブランドを作るには、ブレインダンプで徹底的に好きな事を洗い出し、
得意な事を紐づけ、アフィリエイトとのマッチングをリサーチするのです。
書きたいことを書きたいように書いてはいけないということです。

ここまでの作業を実践すれば、必ず「ブログでやるべきこと、やるべきではないこと」が見えてきます。

好きなことでお金を稼ぐには、「好きな事」「得意な事」「お金を使うこと(ユーザーが)」の3つがしっかりマッチングしていることが大切となります。

「あなたといえばコレ!」というブランドを「売れる商材」とマッチングさせて作り上げることが、ブログとアフィリエイトで稼ぐコツなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です